HOME > スニーカー物語 > We are Sneaker Ages×吉田山田 スニーカーエイジ スペシャル応援企画 レポート

We are Sneaker Ages×吉田山田 スニーカーエイジ スペシャル応援企画 レポート

7月に実施致しました、予選会の規定曲「魔法のような」を歌っている吉田山田さんと、スニーカーエイジとのスペシャル応援企画の様子を報告致します。

<Part1> 7/13(日) 吉田山田ワンマンライブ ~リハーサル見学・ご本人たちとご挨拶~

吉田山田さん デビュー5周年記念のツアー、大阪なんばHatchで行われたワンマンライブに、3校13名の部員さんが参加されました。

普段は絶対に観ることのできない、プロのミュージシャンのリハーサル。
部員のみんなは、吉田山田さんやバックバンドのミュージシャンの一挙一動を真剣な表情で見学していました。リハーサルの途中でお2人から「今日はスニーカーエイジ参加校の部員さんが来て、リハーサルを見ているらしいね」と声もかけていただき、みんな大喜び。開場時間の直前までしっかりと見学させていただきました。

本番終了後は、楽屋へお招きいただき、お2人とご挨拶させていただきました。
お2人からは、
「今まで色んなところでライブをやってきたけれど、自分の中で心が震えたライブって数えるほど。そのうちの1つが高校時代、軽音楽部の視聴覚室でのライブだった。会場が大きい・小さいじゃないんだなって思っています」
「音楽は勝ち負けじゃないけれど、楽しいだけじゃダメ。スニーカーエイジに出て他校と競わないといけないなら、誰よりも必死に練習をして、会場にいる人たちに自分たちの演奏を精一杯届けてください」
と、みんなにエールをいただきました。

部員のみんなからも、
「私もボーカリストです。吉田山田さんのように、想いを伝えられるボーカリストになりたいと思いました」
「普段見ることのできないリハーサルを見学させていただいて、みなさんすごく真剣で…本番はお客さんがすごく盛り上がっている様子を感じられてすごかったです、本当に貴重な機会をありがとうございました」
など、緊張しながらも感想を述べてもらいました。

最後はみんなで記念撮影。
そしてさらに、ギターのピックをみんなにプレゼントしていただき、握手まで!感極まって泣き出す部員さんも…。みんな本当に嬉しそうで、予選会に向けてまた頑張ろう!と思ってもらえた貴重な1日になったことと思います。

吉田山田さん、本当にありがとうございました。

<Part2> 7/22(火) 頑張ることに『音楽を選んだ』スニーカーエイジとのワークショップ

MIKIミュージックサロンなんばパークスで行われたワークショップ。7校41名の部員さんにご参加いただきました。

ワークショップは、
1. 規定曲「魔法のような」について
2. お2人の作詞・作曲方法について
3. 吉田山田さん ヒストリー
4. 吉田山田さん教えてください!~Q&A~

の内容で進行して参りました。
お2人のご登場とともに、歓声と大きな拍手!最初はみんな緊張していた様子ですが、お話が進むにつれ、笑顔が溢れていきました。熱心にメモをとる部員さんもいました。

規定曲「魔法のような」についてのお話では、サビの「LALALA」が印象的なことについて、「このサビは世界中の誰もが1回聴いたら一緒に歌える。心の壁を飛び越えて、音楽で繋がることができる。音楽って魔法のようだという山田さんのまっすぐな想いが込められた曲」ということを教えていただきました。全体的には優しい雰囲気ですが、Dメロでは『現実の世界』を表現していて、この部分を歌う吉田さんは感情をしっかり表現するよう心がけているなど、楽曲に込めた思い、背景を丁寧にお話していただきました。

「Q&Aコーナー」では、部員さんから自分の言葉で、直接質問・相談をしていただきました。
「クラブのこと、練習のことで、うまくいかないことがあると、悔しさで泣いてしまうことが嫌です」という相談には、「音楽に限らず、泣くのを我慢しないこと、色んなことで発散するべき。そして練習だけは絶対裏切らないから。練習は地味だし楽しくないけど喜びや楽しさを感じるためには必要。技術的なことには時間をかけるしかない」というお応えをいただきました。
他にもたくさんの質問・悩みに対しみんなの気持ちに寄り添って、とても丁寧にお応えをいただきました。
休憩をはさみ、吉田山田さんから演奏のプレゼント。2年前の規定曲の「約束のマーチ」、そして最後の「魔法のような」ではみんなで大きな声を出して、お2人と一緒に歌いました。

最後は、みんなで記念撮影。「ありがとうございました!」と元気な声でお礼を伝えて、お2人をお見送りしました。

頑張ることに「音楽を選んだ」スニーカーエイジと、「音楽のプロフェッショナル」として活躍されている吉田山田さんとの「音楽」を通じての交流。お2人の言葉、気持ちがまっすぐに届いていく様子を間近に感じ、なによりも会場にいたみんなが笑顔でいっぱいで、本当に素晴らしい時間でした。

そして…8/13(水) スニーカーエイジ予選会 ご来場

予選会第6日目にご来場いただき、エントリーを見学、そしてサプライズゲストとしてステージにご登場いただき、演奏を披露していただきました。
演奏前のMCでは、
「エントリーを見学させてもらって、涙を流すくらい熱中できることがあることは素晴らしい。クラブ・学校が1つになる中心に、音楽があるのはうらやましい」
「先生・家族・先輩後輩、色んな人に支えられてステージに立っている、そういう人がいたからここまで来れたと、みんなインタビューで話されていて…自分たちの大切な人たちを思い浮かべながら聞いてもらいたい、みんなにエールを込めて今日は『日々』という曲を演奏します」とお話してくださいました。

そして本番終了後…
先日のワークショップに参加してくれた部員のみなさんからのメッセージが詰まった色紙をお2人にお渡ししました!大変喜んでいただき、写真を1枚。(吉田さん、スタッフポロシャツが大変お似合いです!)

吉田山田さんからは、今後もスニーカーエイジ参加校への学校訪問の企画をご提案いただいております。「私の学校にぜひ来てほしい!」という学校さんは、大会本部(06-6225-8740)までお気軽にご連絡下さい!